ちゃいなを知っちゃいな

中国在住経験のあるゆうが、リアルな中国情報をお届け。出張で急に中国に行くことになった方、留学しようか迷っている方、中国人について知りたい方、必見です。

シェア自転車だけじゃない?中国のシェアジムの実態

こんばんは。

なんと本日2回目の更新。

頑張ってるね!ゆう秀(優秀)だね!素敵だね!

ゆうです。(言いたいだけです、、、)

 

さて早速本題。

実は中国って、

シェア大国なんです!!

 

シェアエコノミー。中国語で「共享経済」。

自転車もシェア、タクシーも相乗りシェア、傘もシェア、バスケットボールもシェア、スマホの充電器もシェア!もちろんairbnbも!

スキあらばシェアをしまくるのです。

 

そして、なんと更なるシェアが現在急速に普及中とのこと。それは、、、

シェアジム!!!

f:id:ykubo2510343:20180128173421j:image

 

f:id:ykubo2510343:20180128175736j:image

 

f:id:ykubo2510343:20180128175743j:image

 

ジム!!!

いや〜、中国の創造力すごい。

現在、上海で急拡大中とのこと。

 

さらにすごいのは無人なのです。

 

名前はPark Box(パークボックス)

オレンジ色が目を引く船のコンテナー型で、サイズは2人用から6人用までの4種類。設置されている器機はスミスマシン、ランニングマシン、ボートマシン、ヨガボール、ダイナミックバイクなど本格的なラインナップ。

僕は使ったことないので、実際の使用感などは詳しくお伝えできません、すみません。

 

どうやら、使用するにはアプリをダウンロードして、名前と身分証を登録するだけで良い模様。

年会費は無料で、アプリ上から好きなロケーションの好きな利用時間の予約。

瞬時にボックスを開錠するパスワードが送られてくるので、その時間にジムへと出かければよいという極めて画期的な作り!

 

利用料金は1時間に10元(約170円)と、非常に格安で、携帯電話のアカウントから自動的に引き落とされるとのこと。 

空気汚染が心配な中国では、屋外の継続的な鍛錬も難しいのが現実ですが、ボックスは空気清浄機や冷暖房も完備、赤外線カメラで24時間監視しているので女性の利用も安心です。

 たしかに!

空気が悪いところがある中国にとって、これは大きなメリットかもしれません☆

 

いやー、進んでますね、中国(>_<)

現在はまだ上海だけのようですが、今後半年間で上海、北京市広東省広州市と深圳市の4 都市で1000カ所まで拡大する計画とのこと!

 

最近ファミマがジム事業に参入という話が出てますが、、、

日本少し出遅れてる(>_<)

頑張らなきゃ!