中国

2018年1月の中国の大気汚染の現状。留学は不安?危険? 留学を迷ってるあなたへ。

こんばんは!

中国にやく一年ほどの留学経験があるゆう(@YOU_china1868)です。

 

さて、今日は中国の留学について、お話ししたいと思います。

 

中国への留学と聞くと皆さん、危険な香りがぷんぷんしますよね。

・大気汚染は大丈夫なの?

・反日デモでイトーヨーカドーとか日本車が襲撃されてたけど、、、治安は?

・たしか食べ物の中にダンボール入ってた、衛生管理は?

不安が尽きないことと思います。

 

この中から!

今日は大気汚染について、クローズアップ。(他の項目はまた解説しますね)

 

中国の環境問題。日本でも大々的に報道されていますよね。

・あの空気の中で生きていけるわけ無いわ、、

・本当は現地に行って中国語を勉強したいけど、さすがに健康に害がありそうで、、

・親に反対され、説得出来ない。断念しよう、、 

そんな方々にこの記事がとどきますように。

 

結論から言います。

場所を選べば、みなさんが思ってる以上に大丈夫!!です。

 

 中国はめちゃめちゃ広いです。

f:id:ykubo2510343:20180126170624j:image

国土は日本の約25倍。世界でロシア、カナダ、アメリカに次ぐ4番目に大きい国。

 

人口は13億人で56の民族が暮らしています。信じられない!!笑 

北と南では、気候だけでなく言葉まで全く違うと言われているのも納得ですね。

もう日本の方言のレベルじゃないですよ。

 

こんな大きな国です。やはり大気汚染がひどい地域とそうでない地域、

治安がいい地域、悪い地域、というのは別れてきます。

つまり、場所によるのです!!!

 

ちなみにですが、ゆうはかつて、遼寧省の大連という街に留学していました。

大連に限って言えば、ほぼ問題無しです笑

 

日本のテレビでは、真っ白なスモッグで数十メートル先が見えないような中を、

マスクをした人や車が往来してる様子が映し出されますが、あれほどひどい汚染は大連にはありません。

 

それは山に囲まれ、汚染が激しいと言われる北京や山西省からも距離があり、また空気がたまりにくい海に面しているからです。(北京は山に囲まれており、空気がたまりやすい)

 

気になる方はこのサイトがおすすめ

気になる方はこちらのサイトを参考にしてみましょう。

中国の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ中国の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ

場所ごとに大気汚染の危険度をリアルタイムで示してくれるサイトです。

以下の写真は、本日2018年1月26日のリアルタイム指数です。

 

f:id:ykubo2510343:20180126174042p:image

 この数字が大きいほど危険なのです!

うーん、場所によって恐ろしい地域がありますね、、笑

 

大連

f:id:ykubo2510343:20180126174052p:image

 

北京

f:id:ykubo2510343:20180126174055p:image

 

上海

f:id:ykubo2510343:20180126181902p:image

 

これ日本です!笑

f:id:ykubo2510343:20180126195522p:image

 参考までに後から付け足したので、少し時間が違います(>_<) 

 

大連はたしかに若干曇った日もあったのですが、年に数回くらいでした。もちろん皆さんマスクも何もつけていません。笑

 

汚染が気になった日はこれで確認し、外出を控える等の対策をすればいいと思います。

 

ちなみに、大連では霧が発生しやすいので、今日やばいんじゃないかと思った日でも、なんでもない、ただの霧という日もありました笑

 

確かに、ここ数年、急激な経済発展により汚染が進み、以前より空気が汚れているのは確かです。しかし先程も言った通り、中国の面積は日本の約25倍あり、数多くの民族の方々が暮らしています。

天気もいい日があれば、悪い日もある。特別にひどい日を切り取り「大気汚染の国(゚ω゚)」として報道する、日本の一部メディア。

 

この報道を真に受け、せっかくの挑戦を諦めてしまうのは、すごく勿体無いことだと思います。

 

迷われてる方は是非、先程のサイトを見て、留学先を決めてみてはいかがでしょう。

 

個人的に大連オススメですよ(*^^*)

今後、大連の魅力についてもたっぷりお話ししていきます!

お楽しみに!!

ゆう

 

こんな記事もおすすめ