グルメ

【名古屋ひつまぶし】「しら河」が美味しすぎて、心からオススメしたい

食べることがこのうえなく大好き。

ゆう@yuu_fight2525です。

みなさん待望の「わくわくグルメ記事」ですよ!!(ひとりよがり)

実は先日の三連休で名古屋に行ってきました。

名古屋といえばご飯!!美味しいですよね〜〜。

ゆうは基本味が濃いものが好きなので、
名古屋飯が大好きすぎるのです。

そしてついについに。
人生初のひつまぶしを食べました。

ずっと食べたい食べたいと思っていたのですが、ひつまぶしって値段がそこそこするので、結局食べれずにいたんですよね。

社会人3年目にして、ようやくデビューです。笑

実際に食べてみたらあまりの美味しさにもう感動。是非皆さんにも食べていただきたい!!と思い、まとめてみました。

それでは早速いってみよう☆

うなぎ和食 しら河 とは

今回行ってきたお店は「うなぎ和食 しら河」。

こちらのお店、以下の4つの素材にこだわっているそうです。

うなぎ

時節に応じて取り寄せる特選鰻の中から、ひつまぶしに最適なものを吟味。ほどよい脂の乗り、豊かな味わいの身、皮の焼き目の香ばしさ…。これらが他の素材と絶妙な味のハ―モニ―を奏でます。引用:http://hitsumabushi.jp/shirakawa

まずはうなぎ!

これは当たり前だろって思うかもですが、よく読んで見てください。

「特選鰻」に中から、さらにひつまぶしに最適なものを吟味してくれているようです。

つまり激戦の中勝ち抜いた鰻しか提供しないのです。

うなぎ界の「ミスコン」「ミスターコン」的な感じだね!

あっぱれ!!

お米

ひつまぶしにした時の適正を探究。鰻の味に負けない米本来の力強さ、タレがほどよく染み込む粒の大きさ、具をまぶしやすい粘り具合などを吟味。品質にこだわった国産銘柄米を使用しています。引用:http://hitsumabushi.jp/shirakawa

お米もこだわっているそう。
「大きさや粘り具合まで吟味」って凄すぎます。

確かに食べた時、ご飯も絶妙な炊き加減(若干固め)でした。
(お茶漬けにできるようにかな)

ゆう好み、素晴らしい!!!

たれ

しら河本店で数十年に渡り使い続けている秘伝のタレ。醤油や味醂などをベ―スに、個々の素材と鰻の脂や旨味とが調和した熟成の味わいは伝統と歴史の賜物。
味のバランスはひつまぶしに最適です。引用:http://hitsumabushi.jp/shirakawa

このタレがね〜〜、最高に美味しかったんです。涙

このタレとご飯で、ご飯3杯はサクッといけてしまいます。

まさに伝統と歴史の賜物!!「秘伝のタレ」!!

お茶

ひつまぶしをしめくくる茶漬け。使用するのは普通の日本茶ではありません。それは鰻とタレ、薬味をみごとに調和させ引き立たせるこだわりの吸茶。薄味の出汁をベ―スに豊かな薫りを加えました。引用:http://hitsumabushi.jp/shirakawa

最後はお茶!!

お茶までこだわってたのか。。
ゆうは美味しすぎて、お茶漬けにしたら一気にかき込んでしまいました。

もうね、箸が止まらなかった。。。

これを知っていたら、もう少しゆっくり食べたはずです。(きっと無理。笑)

名古屋駅から徒歩5分で到着!アクセスも簡単

ゆうが行ったのは、「うなぎ和食 しら河 名駅店」

ここはアクセスも簡単なのです。

名古屋駅から徒歩5分なので、新幹線で途中下車してもよし、帰る直前に食べてもよし!

ありがたい〜〜。

しかも近くまで地下街が伸びていたので、雨の日でもあまり負担ではなさそうだなと感じました!!

お店の雰囲気はこんな感じ

さて外観はこんな感じ。

ビルの1階に入っているので、ちょっとわかりにくいかもですが、地図を頼りに行けば大丈夫なはずです。

ゆうが行った時は 3連休初日の14時ごろ。

お昼時は過ぎていたものの、お店の前に若干の人だかりができており、待ち時間は30分ほどでした。

中は白が基調になっててすごく綺麗です。

テーブル席と小上がり席があり、ゆうたちは小上がり席へ。小上がり席は掘りごたつになっており、しかも畳がありました。

高級感が漂いつつ、おじいちゃんの家のような安心感もあり、すごく居心地が良かったです!

「うなぎ和食 しら河」メニュー

こちらはメニューです。

ゆうは「しら河のひつまぶし」2,750円をオーダー。

値段を見たら、「およっ!」となるものの、美味しすぎて実際に食べたら「や、安い!!!」と感じるはずです。笑

これより上のランクのひつまぶしはどれだけ美味しいんだろう。。(じゅるり)

初ひつまぶし感動の対面

さてオーダーして15分ほどたち、ついに人生初のひつまぶしとの対面です。

すっ!

ふたを開けるとそこには、、

ドーーーン!!!

きたあああ!!うわあああ!

見た目からしてすごく美味しそうあうあうあ!

店員さんに食べ方を聞いたところ、4等分してお皿に移して食べるのがよいとのこと。

ゆうは①そのまま、②山椒やわさび等薬味をかけて、③お茶漬けにして、④再びそのままという感じで食べました。

もうね!!全部美味しい!!幸せ感が半端ない!!

強いていうと個人的に一番好きだったのは何もつけないそのままの食べ方です。
タレとのコラボレーションが絶妙すぎるし、シンプルにうなぎの良さが出てるような気がしました。

うなぎは外はかりかり、中はふわふわ。まさに『絶品』という言葉がぴったりな美味しさでした。

山椒やを入れるとより味の深みが際立ったし、お茶漬けはさっぱり贅沢な味わいだし。

うん、もう言葉が出ない。。涙

あ。実は最初に見たときは、「思っていたより大きくない!」と思いました。。
でもでも。いざお箸を入れてみると、器がかなり深かった。

そしてご飯の量も目一杯詰まっていたので、食べ終わる頃には無事お腹いっぱいになりました。(ひつまぶしよ、ごめんね、、)

「うなぎ和食 しら河」の良かった点・注意点

せっかくですので、良かった点と「ここ気をつけたほうがいいな」という点をまとめてみました。

少しでも皆さん参考になれば嬉しいぞ!

よかった点まとめ

  • 名古屋駅から徒歩5分。立ち寄りやすい。
  • 店員さんがすごく丁寧。食べ方まで丁寧に教えてくれる。
  • 畳に掘りごたつで、ゆったり快適。落ち着いた雰囲気。
  • 味は抜群。ひつまぶしは、外はサクサク、中はふわふわ超絶品。
  • お出汁、薬味はおかわり自由。薬味好きなので、超嬉しい!!!

本当にありがたい限りです。溢れ出る幸せ。。

注意点まとめ

  • 人気店が故やはり混雑。余裕を持って行こう。
  • ランチと当日の予約は行なっていないそうなので、頑張って並ぼう笑
  • テーブル席と小上がり席は、混雑の時は選べなさそうです。靴を脱ぐ可能性があるので、穴が空いた靴空下には気をつけましょう。

以上が注意点です。

逆にこれくらいしか思いつきませんでした。笑

そう。待ち時間は人気店の証なのです!

まとめ:名古屋でひつまぶしを食べるなら、しら河がおすすめ

いかがでしょうか!!

少しでもこの美味しさと感動が伝わったらいいなぁと思い記事にしてみました。

食べたくなったでしょ!!笑

もう何回も述べているんですが、「こんな美味しい食べ物が日本にはあるんだ」と感じました。これオーバーな表現じゃないんです!

またお店の店員さんの接客も素晴らしすぎて、とても暖かい気持ちになります。

名古屋でひつまぶしを食べたいって方は、是非候補の一つに入れてみて下さいね。

ゆうはまた次回、お忍びで行ってみようと決意しました。(しのぶ必要なし)

では!!

ゆう

こんな記事もおすすめ