ゆう

「センス」という言葉の正体について考えてみた

ゆう@yuu_fight2525です!

被写体の活動を始めてから、『センス』という言葉をすごく身近に感じるようになりました。

それは僕がカメラマンさんに言うこともあれば、すごくありがたいことに、言っていただくこともあります。

「センスいいね!」っていう言葉は、すごく使いやすく思いが伝わる褒め言葉。

言われるだけで、やっぱり嬉しいですよね。

センスって一体何だろう

そもそもこの『センス』っていうのはなんだろう、どこから出てくるんだろう。

一時期そんな風に思って、すごく考えた時があったんですよね。

あわせて読みたい
【被写体4ヶ月目】現在の自分の課題を振り返ってみた!被写体としての活動を始めて丸4ヶ月。 ゆう(@yuu_fight2525)です。 5ヶ月目に突入する前に、今の自分の課題や足りないこ...

そんな中、個人的に出した答えが、

場数を踏んだ数(経験量)×陰ながらの努力量×継続時間

これでした。

そしたら先日。同い年でブログ仲間でもあるカメラマンさんが、Twitterで似たことを言っていたんです。

すごく共感ですし、タイミングもぴったり。

どこか嬉しさも感じました。

センスに溢れてるのは、それだけ行動しているから

「あの人はセンスに溢れてていいなぁ」、「センスのかたまりだなあ」そんな風に思うこともきっとありますよね。
(ゆうもあるよ!!)

でもその裏には、きっとあなたが知らないような、過去の「圧倒的な経験」や「見えない努力」などが積み重なっているはずです。

そしてそれが土台となって、この「センス」というものを作り上げているのだと思います。

なので最近は、「センス」という言葉だけで片付ける(相手を褒める)のは、どこか申し訳ないなぁと思うようになりました。

センスとはきっと、その人が歩んできた「あしあと」そのもの。

そのことに気がついたら、どこか気持ちも楽になる気がします。

結局は自分が行動すること。

僕はこれが全てだと思うのです。

逆に言うと、正しい行動さえしていれば、道は意外と開けていくのかもしれません。

ゆう

こんな記事もおすすめ